テーマ:エッセイ

こういう映画がまだあるとは

遊戯的 幼児的 映画に 照射したい 「スパイダー」 限りなく馬鹿馬鹿しいが 観てしまう といっても 足りないが ここでは 映画を 分析する 必要はあるまい しかし 中原昌也さんの コメントが傑作だった
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画映画映画!!!

三本 映画を観、 すべては 彼方にーーーー 中原昌也の推薦する映画だ。 感想を拒否する何かが この 三本にはあって ぼくは つぐむ。 ようは 考えつくされた 映画のセリフを超えることはできない という 言い古されてた 紋切型を 越えることは不可・・・・ ということ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本当に正しいことなんてわかんない

栄ちゃん 談 やっぱり銭だ いや 銭じゃない と 考えなおし オレに そう思わせた なにか に 対して 腹をたてた (成り上がり) 何をいまさら と 思う人もいようが これが 土台 基本 になっている そう つよい理念 というものがないと やっていけない ホント!!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トンボとりの日

タイトルは反故ね 偉人とは誰か 徹底的に 考えると ヘレンケラー であり タリバン先生 になる ヘレンケラーの生涯は教訓的ではある しかし 我々に 絶対 必要なのは 教訓か おいしいご飯ではないのか とりあえず おいしいご飯でも 食べてさ ということになりはしないのか ヘレンケラーだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その日は朝から倦怠感に襲われていた

朝から調子がいい日 もあれば 倦怠感、憂鬱に襲われているときも おそらく幼児にはないだろうから 人生の途中から そのような 進み行きになり まあ なんとか 今日まできた ユーモアとエスプリ そのようなものが 思いつく日もあれば そうでもない日 もある が 今日まで生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いいかげんに的を絞ってます

情報化社会 で 多価値化社会なら マルチというのは おおよそ 不可能に近い だから 的を ひとつ ふたつ と 搾る そっちのほうが いいような 気 がしてきた うん  よし こう言っちャア ナン だが おいらの 守備範囲 エラーは 少ないつもりだ なんてね
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさんはつらいよ

情報化時代 というらしい ぼくは + 多価値化時代としたいが まあ そんなことはどーでもいい びっくりしたのは たとえば  ちょっと 文学に つかっていたら いつのまにか ファッションが 激変していることだ ユニクロもだ 映画は 蓮実 ではなく 中原で十分といったかんじ これでいいの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和 という時代は 大変ですよ

大御所の死 追悼が軽くなる日 そして まあ ぼくも死ぬ・・・・ 令和 大御所 が死ぬということは 御本の 耐えられない 軽さ というものを意味する 蓮実 浅田から 中原 阿部 に スキゾドライブは 続くだろうけど みんなは 自分の見たい映画を観ればいい 評論家なんか クソくらえだ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小生意気になんか なりたくない

恐れるべきことは ぼくも そうだったが 少し 小生意気で まあ キレる人が いちいち 思想を 参照して ものを いう ということだ 土台 人は そのようには 考えない 思うのだが もっと 楽 にはなりたかないかい? 思想より感性を 感性を 信じて 書く!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「読み」という加藤典洋さんのヒットコピー

加藤さんの 仕事 の 最も 顕著な現れは 「読み」という言葉だろう こう 読んだ ではなく この批評家のこういう「読み」 という場合に つかわれるような・・・・ 結局 あの人も 平成の人であった 「令和の人」 として 生きるべく ぼくは 20世紀からの ランニングパスを …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

20世紀からのランニングパス

20世紀なんていう 大きな世紀を ひとくくりにしたことが 馬鹿げている ただ いつ こういうことがあった としかいえまい さながら21世紀はモンスターになるだろう というのが 僕の勘です きっと22世紀になったら 21世紀をむどうまとめるか それを思うと 死神に パンチ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本当に、いまは、80年代のリメイクなのか

識者というものは 本当に ものを知り また 見ているのか 僕も自信はないが はっきりと見ている人は いない気がする。 優れた 社会批評をする人が 久野収さんだったころまでは 良かった が 多価値化になり うん年 アンテナを みんな 立て あぐねている そんな 気がする …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

回る回る時代は回る

加藤典洋 が死んで あー ひとつの時代 が 終るなあ と思った。 やがて 竹田青嗣が死に 高橋源一郎が死に (何か 売れっ子 進歩人を 羅列して 書いているみたい) ーーと 順番に亡くなっていく したがって ぼくは 見田宗介はいいや と 思ったものの じゃ 新しいのばかり 読ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10年遅く「グランド・ブタペスト・ホテル」を観る

ラッキー チャチャチャ ぼくらには まだ 宝のような 娯楽があった ウェス・アンダーソンの映画だ かれが ゴダールやフェリーニやパゾリーニやブニュエルを 映画修養と称して 山のように 見た というのは 想像に難くない んーーー 見ていない人は必見ですぞ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛はあるのか

今日の 結論は 愛が 成立したことなんか あるのか と 自問する 結果となった それが あるのである 宮澤賢治が妹を思う心のこと ここで 賢治は 真の愛で 妹 を 愛す こういう愛の念を みんながーー
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョン・レノン様、貴方に神の御恵みを

きみに 教えることは 少ない そう 人生なんて こんなものサ しかし 投企して ハッピーになる お金なんかいらない しかし お金のある人も ない人も みんなで 希望に満ちた愛の国へ GO GO  一生のような一日ってやつがある そして 一生の終わりは ハッピーエンド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪魔ノオト

観音に 風邪を ひかせた (風邪は万病のもとといいますゆえ) 悪魔どの 災いを わたしの 頭のうえに 落としてくだされ この世は あなたの 思うつぼ あの人は 悪魔などと 女子ども まで 乱痴気騒ぎをする始末 しかしです 自分より 上のものも 絶対にいる この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルイ=フェルディナン・セリーヌの白と黒の美学

ある朝 ゆるやか 徐々に 覚醒へと向かうと 世界が しみったれた 糞だらけの ブランコしかない 遊園地であることを しか と 思い知らされた。 滅びって どうしてこんなに 甘く 切なく うつくしいのかしら 滅ビルタイプ と 栄エル タイプ ガイルダケヨ 単刀直入ニ言って 逝くネ キミハ 近いうちに必ず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分の線のうえに立つ

いま どこに立つか 比喩ですね いま 自分がいる場に立つのが いいのではないか そして 宙返りする 読める作家に 山田風太郎がいる 生前 橋本治さんが ××という山田風太郎の小説の あのシーンを読んで ぼくなんか わんわん 泣きました というくらいなんだから 書ける…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超人の彼方に

書くべきことは 既に 書かれている こういっていいものか 否 ニーチェですら 書いていないことが 山積みになっているのではないのか でなければ 我々が こんな危機を迎える訳はない もっと 手トリ足トリ  わかりやすく 実行しやすく 問題解決の方法が 書かれるべきだったのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぼくが、本当に、見つめるもの

ぼくが 本当に見つめるもの 見つめないといけない と 思っているもの あるいは 考えなければいけないと 思っているもの それは 文学 哲学 社会学 なんて 言葉で くくれるものではない そんなものではないと 思う いま 考えるべきものが そんなものか ぼくが そんな 話題 で 話すと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「死ぬということが、わからない」という病気。

生・死 これは 生きているものは みな 死ぬから あることばだ。 死なないんだったら 何故 死 ということばがあるのか? ある人 が 死なない薬がある なんていっていた あるわけないだろ そんなもん その人は 本当 に変わっいている そのことだけでも認識し 死 と 向き合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こうもり

むかし むかし ぼくがまだ幼かったころ こうもりのようなもの を 見たことがある。 はー と 見 ん あれは こうもりか と 家 で気づいた。 ちっちゃかった。 やんちゃ な いきものだ。 ま いいじゃないか 思い出として 残っているのだから。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

志賀直哉 最終回

直哉が あれだけ ことば に 苦しんだのも 「小説の神様」に いたる道だったからだ。 ふっきれてからの 直哉はすさまじかった。 すさまじいものがあった。 で みんなの 予想どおり 直哉は 神格化され 「小説の神様」 といわれるようになった。 ゴッド・ナオヤ 神よ! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

じゃあね、と、そうだね。

じゃあね と そうだね このふたつの ことばの使い方いかんで 人生がうまくいくか どうか が 決まる。 と ぼくは 思う。 本当か どうかは とりあえず 使ってみてください。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

死に関する真逆の発想

ここのところ 長生きしている作家 の本が プチブームになっていた では 長生きすれば それでいいのか 104歳の人が 2056歳なんかになって ずーっと 現役で やっていけると思うのか きっと もー いい と 改めて 死 について 考えるのではないか 生 も 死 も大事 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みんなへの言葉

ぼくたちは みんな たまたま 現在 こういう状況であるに過ぎない。 太っている・痩せている・おもしろい・つまらない などなど これは年齢によって変化するものなのだ。 知り合いの SA という少女マンガ家は 昔 超デブであった。 しかし 心のできた人で ぼくごときに わたしは何の話題もない人間ですが どうぞよろしくお願いし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

啄木くんの失敗

石川啄木 という詩人が 貧困の生活をしたことは つとに有名だが 実際の生活は あんまし 知られていない のではないか。 彼は 詩 より むしろ 女を 愛した。 金が入ると 女を買いにいった。 ローマ字日記には それが 如実にあらわれている・・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユニクロだって、だまっていない!

ユニクロが むかしのユニクロとは ちがう とは とっくのむかしに いわれている。 ようは はやりさえ 知っていれば ブランドじゃなくとも ユニクロで すませること ができるということ。 しかし ユニクロのHPを しょっちゅう ひらく というのも ちょっとね・・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more