考え過ぎの時代。

いまは きっと

考え過ぎの時代とも

称すべき時代なのではないか、

と思った。

病める現代 20世紀を精神分析する

など 生きている時代が

病的でなかったときはない。

しかし それが そもそも考え過ぎではないか

限りなくふつー

そう そういう時代になるべきなのだ

とっても ふつー

これが キーワードですね

悪しからず。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック