テーマ:仕事

何もしない日

何もしないで、友達とさわぐ日があってもいい。 そういう日には、すこしだけ、何かをする。 存外、多数の人は↑の人なのである。 多趣味がこうじて、本を読み、音楽をきき、dvdをみるという人は 少数派であろう。 だから ぼくも 少しは 町の空気を吸うことにした。 町の、おいしい食べ物屋さんの、ランチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文学への抵抗

今日は、「精霊たちの家/アジェンデ」がいちばんおもしろかった! 今日は、というより、最近は、といったほうが正解だろうか? このシリーズは「楽園への道/バルガス・リョサ」もおもしろかった。 おもしろい本となかなかなかなか巡りあわない昨今である。 日本文学? もう、終わっているよ! 高橋源一郎氏がインストールの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人生は51から!!!

つくづく、ふつーの小説家になるには、 デヴューは遅ければ遅いほどいい、 そう、思う。 人生の滋養を本当にわかるのは 51くらいでは? と、おもう。 かといって、ぼくが50を過ぎているわけではない 50には まだ 何年もある。 ただ、文学賞を受賞し、作家生活をしていくには それぐらいでいい、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more