ある日、すべてが、どうでもよくなった、の巻

加藤典洋さんの死を考えたり、 あーだこーだそーだ、 と、文章を書いているうち なんか どーでもいいなあ と 思った。 しばらく前にやめたタバコをまた吸ったり 風呂でお湯につかりながら、日本酒を飲んだり、 好き放題、といっても、このていどです。 いまは、また、タバコをやめて 限りなくふ…
コメント:0

続きを読むread more

を、超えるということ。

すきゃんぴぐろりろ とは 名文 衒学的な文 若書き を 一行で 超越するためには しょうがない 異言のようなもの。 まあ 本気 ではないけど ブログ で あれら を 一行で超えるという 実験的なものです。
コメント:0

続きを読むread more

ニッポンの音楽いろは。

もう、ニッポンでは、 あたらしい音楽は(一部の音楽家を除き)生まれないのだそうだ。 ああ、こういうの聴いたな、ってかんじ。 軽くて中身がない。 もちろん、その道の大家というものもいるが それは例外。 ぼくは、レディ・ドンリなどの、海外音楽に 惹かれる。 しかし、自分の聴きたいものを聴けばい…
コメント:0

続きを読むread more

こういう本はいかが

読もうかと思っていて ちょっと公言はできない と思っている作家が 筒井康隆 梶山李之 大藪晴彦 だ しかし そういう存在こそ 真の作家なのではないか 作家は 結局は みんな 同じものではないか 言葉にうるさく 少し変で  まあ 読む本が残っていて良かったと思った 今日だった
コメント:0

続きを読むread more

坂本さんの 良き 展望。

Async は 音楽というより むしろ 音そのもの というかんじだった。 単純な音符で 新鮮な音をつくること。 まあ 次作が楽しみですね。 新鮮な音を発見したら あとは いかに 作曲するか にかかっていますから・・・・ 芸大の作曲科出身なら それも得意かもね うん
コメント:0

続きを読むread more

坂本さんの、新しい方法

最近の 坂本龍一は 音楽の新たな可能性を感じさせる 新しい方法で つづられている。 音符は単純 しかし 巧みに電子が処理されていて ぼくは感心している。 YMOやクラフトワーク といったところが 好きな人には 向いているだろう。 坂本龍一の今後に期待し Async を聴こう
コメント:0

続きを読むread more

最近、思うこと。

人生、一度しかないから だとか、 建設的な考え方とか、 ポジティブシンキングだとか、 それを実行したところで、 どーなるの? 変わらないじゃない。 よーは、 うまいご飯食べて、 できれば、理想に近い、人と付き合う ってことじゃないの?
コメント:0

続きを読むread more

ドクタースランプぽんぽこりん

ドクターすらんぷの 主人公が ちびまる子ちゃん だったら とは書いたものの こういうことであっても はじめて考えた人ではなく ほかにも似たことを考えた人がいるものだ。 しかし 何か バカみたいじゃないですか? というか いくら バカバカしいことでも はじめて考えたのではない と…
コメント:0

続きを読むread more

記事はどこからでも

このところ音楽を聴く時間が長かった なんてことはない あまりにも 馬鹿馬鹿しいので理由は省略する 本や新聞が読めていない が、ぼくはいいと思っている いくら生涯勉強とはいっても やはり、パンのための金が必要になる あたりまえですね 音楽のほうは軽くてふわっとしているものが流行っているような…
コメント:0

続きを読むread more

いかにして、音楽を殺すか

タイトルは もちろん反故です。 ジミヘンを聴いた後だと 日本のバンドは 軽すぎるように聴こえる。 きっと 重い音楽の時代は 終ったのだろう。 今も日本のロックが BGM にかかっているが まるでポップスだ。 何を聴いてもいいのだが かつて ローリングストーンズ ビートルズ ジミヘンドリックス 等…
コメント:0

続きを読むread more

しあわせに触れる

古来 幸福論のたぐいは多くの人が書いている。 具体的にいうと、何か。 ぼくは、一生をかけてマス目を 埋めていくようなもの そういうものではないかと思う。 それだけ 心を充足させる そういうことですね。 真ん中あたりまで埋めると 何となく幸福になる。 そして そのまま 80 90 になるまで…
コメント:1

続きを読むread more

人間はあんがい強いものだ!

いま、色々な意見がある。 中世に似た時代だ、とか。 しかし僕が共感したのは、 人類は、ペストも戦争も乗りこえてきた、ということだ。 どんな時代にも優秀な人間はいるとおもう。 この令和余裕派がびゃっこしそうな時代、 たかが ウイルス ごときに負けないだろう。 しかし 久しぶりにテレビを見たら 面白…
コメント:0

続きを読むread more

流行

時代を読むのがむずかしいという。 しかし、時代を読んでばかりもいられまい。 自分も何かをクリエイトしていかなくては・・・・ 今 やっと世界の曙光が見え始めたと ぼくは 思う。 今後は 坂本龍一を中心とする一派と WAY WAVE のようなものを見つけて 何かをいう一派に別れる そう ぼくは予想し…
コメント:0

続きを読むread more

性欲

どろどろとした性欲をもっている若者が減ったとおもう。 性欲とはきれいなものではない。 かんたんに処理をできるものは、やる気がしない、 その典型的な一例。 テレビに出ている大学生が、なんかへんだな、と思ったのは 性欲の匂いがしないせいだ。 昔、さらっとしている、という言い回しが流行った時期がある。 …
コメント:3

続きを読むread more