ニーチェ批判、昭和初期の見直し

きっと これくらいはやったんだな

という仕事があって

しばらく ニーチェに関する本は

けっこう出ていたし

著名な人は 昭和初期の見直しをした

現在の動向と ズレていても

やっている仕事の方向性が正しければ

それでいいのである。

それがネオモダンというものであり

それに「マイルドなニヒリズム」と名付けたが

それは 上の ふたつの仕事の成果として現れる

批判というのは

いいところも 悪いところも つつくということ

ファイト 世界の人々!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック