山桐ノアのお話と語らいの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS いやあ「他者」って、素敵ですね。

<<   作成日時 : 2017/06/16 15:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

他者というものの議論が

この国であったのは

少し以前のことである。

議論していくうちに

「何か 疲れてこないか

他者や 外国人 について

考えていたら

疲れちゃって 

自分の国をもっと大切にしたい」

と こーゆー 論調が主になっているのが

現代である。

自己と他者というと

一日本人と外国人ということになる。

その外国人を 観光客 にしてはいかがか

といいはじめたのが 東浩紀

ぼくも かれが 真の意味でつかう

観光客という 抽象的なこと について

しばらくは 考えようと 思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いやあ「他者」って、素敵ですね。 山桐ノアのお話と語らいの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる